2014年09月08日

バイクツアーに参加

バイク文化の成熟した社会では、乗る楽しみの選択肢が多い気がするのだ。

先日日本ではまだ出来たばかりのバイクツアー会社の国内ツアーに参加してきた。
バイクライダー歴は20年、トータル走行距離25万キロ、乗り継いだバイクは6台、北は北海道から南は屋久島までバイクで走り、日々は業務としてバイクにまたがるライダーの僕だけれど、かなり楽しい経験だった。かなりね。

そう、何がいいって、ルート選定をしなくてもいいってこと。
完全にオフの休日でバイクを走らせることが極端に少なくなっている僕は遊ぶ理由でルート選定をするのが苦手だ。そういう職業的なバイアスもあるだろうけれど、これは目から鱗だった。言い過ぎかもしれない。だけど自分で乗っている人ならわかるけれど、次の交差点はどっち?この分岐は右?などなど知らない初めて通る道はこんな感じだと思う。それが全くないんだよな。先導のスタッフについていくだけ。そして景色と参加者のバイクとを交互に見ながらなんかこうグルーブ感を肌で感じながらバイクを進めてゆく。

こんな信号少ないルートあったんだ!ここってこんなに気持ちの良いコーストラインだったっけ?ここの定食屋の刺身定食、美味すぎる!、初めてお会いするライダーと一体感を感じることってこんな新鮮なことってなる?普段はほかのライダーが横に並んだら、なんだよこいつ!って信号ダッシュでゼロヨンやってしまうところだけれど。

アテンドするスタッフの方々は実に紳士に我々を一日楽しませてくれた。これもまた気持ちよく、いいな!と思えた一つの理由だろう。
FC13239E-C9BC-4E3B-AA89-53838EA8C0DF.jpgD965DF75-4079-4B68-A456-C3EE367D7D3A.jpg8FC89E5B-8F2B-4223-AF05-328C03DE3B0B.jpg
欧州や北米ではこの手のツアー会社が今人気だとか。アドベンチャーツアーや宿泊しながらの長期間のツアーなどそのバリエーションはかなりの数がある。バイクツアーで海外検索をかけてみることをお勧めする。

もともと向こうのバイク文化に興味があったのでバイクツアーの会社のことも以前から知っていたがいざ日本にもできて参加してみると、納得、であったのだ。これはおもしろいです。玄人ライダーにも若葉ライダーにもおススメだ!

こちらのバイクツアーに参加:http://k2biketravel.com/
posted by dan at 23:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。